導入事例はこちら

【お知らせ2024/3/18】GMOハウスPayはGMOデジタルPayに名称変更いたしました。

GMOデジタルPayで
より便利に使いやすく

企業・商工会・教育施設・観光施設などにハウスマネーや電子商品券などを導入し、
利便性・従業員満足度の向上や地域活性化に!

\初期開発コスト0円!/ お問い合わせ・資料請求
GMOデジタルPayでより便利に使いやすく

【お知らせ2024/3/18】GMOハウスPayは
GMOデジタルPayに名称変更いたしました。

業務負担軽減

業務負担軽減

紙の商品券やチケットを電子化

決済手数料軽減

決済手数料軽減

キャッシュレスサービスや共通ポイントプログラムより低い手数料を実現

販売促進

販売促進

リピーター獲得に効果的な販促機能でお店をアピール

顧客の囲い込み

顧客の囲い込み

独自のポイントや通貨で企業や地域経済を活性化

GMOデジタルPayは、
ハウスマネーや企業が発行する
紙の商品券などの電子化を支援するオンラインサービスです。

商品券導入例

GMOデジタルPayは
使い道いろいろ、
お気軽にご相談ください

\初期開発コスト0円!/ お問い合わせ・資料請求
自治体への導入を検討の方はこちら

さまざまなシーンで
ご利用いただけます

  • スーパーや小売店の
    ハウスマネーとして

    スーパーや小売店のハウスマネーとして

    ハウスマネーの導入で、顧客は現金を持ち歩かずに買い物ができるため、買い物の手間が軽減され、スムーズな決済が可能になります。また、店舗内の決済業務が効率化されます。

  • イベントの
    決済手段として

    従業員への福利厚生として

    イベント出店時のキャッシュレス決済には、売り逃しを防ぎ購入額の増加が見込めるメリットがあります。

他にもさまざまなシーンで
ご活用いただけます!

  • テーマパーク・観光施設のオリジナルマネーとして
  • ジム・会員施設・ファンクラブ等の会員証にも
  • 単発のイベントの決済手段として
  • フランチャイズチェーン店の共通ポイントとして
  • 商店街や提携企業限定の電子商品券として

特徴

  • 移動式店舗や配達のある業種にも対応可能
  • 顧客の購買データを獲得

GMOデジタルPayは
使い道いろいろ、
お気軽にご相談ください

\初期開発コスト0円!/ お問い合わせ・資料請求
自治体への導入を検討の方はこちら

GMOデジタルPayが
選ばれる理由

  • 初期開発コスト0円なので導入コストを抑えられます
  • お申し込みからアカウント発行まで最短1日、簡単に開始いただけます
  • 利用者/加盟店/導入企業のすべてに対して使いやすいシンプル設計
  • GMOインターネットグループのセキュリティ技術が集結
  • 加盟店毎にキャンペーン設定、情報発信ができ、独自の販売促進が可能

利用者も加盟店も
スマホで簡単操作

商品券購入の流れ

商品券購入の流れ

新規アカウント登録後、購入金額を指定(購入金額の上限と下限は運営側で決められます。)
クレジットカードや銀行振込などの決済手段を選択し、決済が終了すると購入完了、購入金額が反映されます。

店舗でのご利用の流れ

店舗でのご利用の流れ

スマホのブラウザからサイトにログインした上で店舗のQRコードをスキャン、お支払い金額を確認の上入力し「支払いする」でお支払いが完了します。

事務局の管理も簡単

利用状況がひとめでわかる
ダッシュボード

利用状況がひとめでわかるダッシュボード
チャージ金額
利用累計数
チャージ金額
アカウント登録数
店舗アクティブアカウント数
矢印

KPIとなる数値が
タイムリーに計測できます!

多彩な店舗販促機能

多彩な店舗販促機能
しかも無料

導入の流れ

導入の流れ

申込みからアカウント発行まで
最短1営業日で利用可能!
初期制作も開発も不要で、
簡単に開始できます。

GMOデジタルPayは
使い道いろいろ、
お気軽にご相談ください

\初期開発コスト0円!/ お問い合わせ・資料請求
自治体への導入を検討の方はこちら